ホーム>ミニ・タグ>平成25年度 第3回九州タグフェスタ(宮崎)〔9月15日〕/レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

平成25年度 第3回九州タグフェスタ(宮崎)〔9月15日〕/レポート

■名称 平成25年度 第3回九州タグラグビーフェスタIN宮崎
■期日 平成25年9月15日(日)
■会場 宮崎市生目の杜運動公園多目的グラウンド
■主催 九州ラグビーフットボール協会
宮崎県ラグビーフットボール協会
■主管 宮崎県ラグビーフットボール協会小学委員会
■後援 宮崎県教育委員会
宮崎市教育委員会

 

 第3回九州タグラグビーフェスタを、平成25年9月15日(日)、宮崎市生目の杜運動公園で開催しました。小学校の新学期が始まったばかりでしたが、県内だけでなく大分県や鹿児島県からの参加もあり、とても楽しく交流ができました。
 また、九州ラグビーフットボール協会森内普及育成委員長はもとより、宮崎県ラグビーフットボール協会後藤会長はじめ、佐藤副会長、宮永理事長にもお越しいただき、タグラグビーフェスタを盛り上げていただきました。
 今回の九州タグラグビーフェスタの特徴や取り組みを報告したいと思います。

写真

(1)事前に、報道関係への紹介をしていたので、県内民放2社が取材に来て下さりました。開会式から閉会式まで、笑顔いっぱいの各チームの交流試合を撮り、また楽しんだ子どもへのインタビューもしていただきました。
★タグラグビーがテレビで紹介されることが、ラグビーの普及拡大に大きな力を発揮することは歴然としています。今後も来ていただくのを待つのでなく、できるだけ来ていただくように、協会サイドからお願いしていくことが不可欠だと感じました。

写真 写真 写真


(2)ミニラグビーでは、キャプテンがチーム紹介をすることが多いですが、第3回にして、タグラグビーフェスタでも各キャプテンにチーム紹介等をしてもらいました。どのレベルの子どももしっかりと紹介していてとても立派なキャプテンシーを発揮していました。
★普通、ラグビーではアフターマッチファンクションがあり、互いのチームで交流を深める慣習がありますが、タグラグビーフェスタではアフターマッチファンクションをすることはあまりないのですが、開会式でのチーム紹介を今後は行なっていきたいと思いました。

写真 写真 写真


(3)九州タグラグビーフェスタでは、各チームにお願いしていることがあります。それは試合中、絶対に監督やコーチ、保護者でも子どもに対して、指示やアドバイスをしてはいけないということです。
 また、罵声も禁止にしています。そのため、年々子どもが生き生きとプレーをするようになった気がします。ここ宮崎でもしっかりとこのことが守られ、子ども一人ひとりが笑顔で伸び伸びと楽しく試合をしていました。また、誰一人としてレフリーに対して苦情を言う人もなかったです。
★タグラグビーフェスタは、ラグビーの広告の意味があり、ラグビーを知らない人へ良さを知ってもらうためのものです。だからこそ、試合中のコーチングや罵声は絶対に止めていきたいと思っています。

写真 写真


(4)ここ宮崎県でも数多くの女の子が参加してくれました。小学校では、男の子よりも心身ともに成長が早いので、素晴らしいプレーをする女の子がたくさん見られました。最初は、そんなにうまく走れなかった子どもが、試合をする度に、自然とスワーブをし、チェンジオブペース、カットインやカットアウトなど、信じられないほどの素晴らしいプレーを見せてくれました。
★タグラグビーは、子どもの潜在的な力を発揮させる素晴らしいチャンスです。また、ラグビーの良さを知ってもらい、将来ワールドカップやオリンピックへ出場できるように組織的な指導ができるようにしていけるはずです。九州協会としては、タグラグビーフェスタを成功させることが、九州を、いや日本をラグビーアイランドへ近づけるための1つの要因になっていくものだと考えています。

写真 写真 写真


(5)宮崎県ラグビーフットボール協会のタグラグビーメンバーの組織的協力に、感謝したいと思います。運営する中で、互いに助け合いながら子どもの為に行動できていたことがとても頼もしかったです。
★タグラグビーの普及活動では、運営する側のメンバーが同じ目標を持ち、同じ目線と考えで指導していくことがいかに大切であるかを痛感しました。今回、九州タグラグビーフェスタを宮崎県で開催させていただくことで、企画から運営までの大変さと、子どもへのラグビーの良さを知ってもらうための普及活動の重要性も勉強になりました。次年度は福岡県開催となりますが、第3回の報告をさせていただくことで、今後もタグラグビーフェスタの良さを生かしながら、工夫・改善をし、第4回九州タグラグビーフェスタが盛大に開催できるように繋いでいきます。

 最後に、九州タグラグビーフェスタは、九州全体のラグビーファミリーを増やす最大のイベントです。宮崎県で盛大に開催できたのは、九州ラグビーフットボール協会普及育成委員会や、宮崎県ラグビーフットボール協会小学委員会等の関係者の皆様のおかげです。本当に感謝の意を申し上げたいと思います。
 また、参加して下さった各チームの監督やコーチ、保護者の皆様、宮崎県開催を盛り上げて下さり、誠にありがとうございました。