ホーム>安全対策委員会>安全対策伝達講習会〔1月26日〕/レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

安全対策伝達講習会〔1月26日〕/レポート

 

 1月26日(日)に、来年度(平成26年度)にむけた安全推進講習会の伝達講習会が、42名が九州各県から参加し、九州協会会議室にて行われました。
 この安全推進講習会は7回目を数え、ラグビーにおける重症事故を減らすために、日本協会から全国の各県協会の全てで行われているものです。

 今年のテーマは「ラック」です。「ラック」は平成23年度に続き2回目のテーマ設定になりますが、依然としてラック周辺での重症事故もあるため、このテーマが設定されています。
 当日は、ラックでの安全対策(医務的な視点)を前田朗九州協会安全対策委員から、ラックでの安全対策(スキル的な視点)を山本巧日本協会普及育成部門長と中竹竜二日本協会コーチングディレクター(写真)から話がありました。

 今後は各県での伝達講習会で、全てのチームと選手に伝えられることになります。


写真 写真