ホーム>トップリーグ>トップリーグ第13節〔1月6日〕/福岡サニックスvsNEC/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ第13節〔1月6日〕/福岡サニックスvsNEC/試合レポート

福岡サニックスブルース
福岡サニックス
vs  NECグリーンロケッツ
 NEC

平成25年1月6日(日) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●12:00キックオフ
  福岡サニックスブルースvsNECグリーンロケッツ

 トップリーグ最終節。現在9位と本来の力を発揮できていない感があるNECと、入替戦が決定している福岡サニックスとの対戦。今シーズン苦戦が続いている両チームであるが、次のステージに向かって新年最初のゲームで勢いをつけたいところ。

 キックオフ直後から、福岡サニックスは目指すラグビーを披露する。パスとランでグラウンドを広く使うアタックを仕掛け、NECディフェンスを翻弄する。一旦右に大きく展開した後、さらに左に大きく展開。FW、BKに関係なく繋がれたボールは最後ライン際でHO松園からLOトゥビに渡り、ノーホイッスルトライを奪う。5-0
 2分にも自陣での展開の後、先発出場したWTBへスケスがディフェンスのギャップを突き独走トライかと思いきや、惜しくもオブストラクションの反則。
 この時点で福岡サニックスに“面白いラグビー”を期待せざるを得なくなる。
 しかしNECは強みを出す。3分、PKから得たゴール前ラインアウトから体重が一人平均4kg重いFWがモールを押しこみ、No.8ラトゥがトライ。5-7
 11分、NECのWTBナドロがキックしたボールをキャッチした福岡サニックスは広く展開。FLパリンガタイが持ち込み、孤立したかに見えたがオフロードパス。それを受けたWTBヘスケスは、鋭いステップで50mを独走しトライ。12-7
 自分のペースに持ち込みたいNECは、FWのサイドアタックを圧倒しにかかるが、出足が早く低い福岡サニックスのディフェンスにミスを犯し苦しむ。
 それでも15分、ディフェンスの裏をつくSO森田のグラバーキックを、CTB釜池が押さえ逆転。12-14
 その後20分には、福岡サニックスSO田代のインゴールへのグラバーキックをWTBヘスケスが押さえ再逆点。19-14
 23分、NECもSO森田が僅かなディフェンスのギャップをついて、中央にトライで再々逆転。19-21
 この頃には静かだった観客の声援も次第に大きくなり、両チームのラグビーを楽しんでいた。
 30分、NECがシーソーゲームの均衡を破り始める。再三のNEC FWのタテ突破を止めてきた福岡サニックスだが、外側の人数が余ってきたところをWTBナドロに右隅にトライされる。19-26
 前半終了のホーンが鳴った後も、福岡サニックスは3分近く攻め続けゴール前まで迫ったが、得点できずこのままハーフタイム。

 後半、NECのFWの圧力が効き始め、福岡サニックスFWの出足が遅くなる。
 2分、11分とNECは数的優位の状況を作り、トライを重ねる。19-38
 福岡サニックスはアヒオ、イオアサを同時に投入し、アタックのリズムを更に上げようと試みる。それは的中し、相手をずらして前に出るアタックは、NECディフェンスを再び苦しめる。
 諦める気配は全く無く23分、25分と連続トライで相手を追い詰める。29-38
 NECはFWを全面に出しトライを奪うが、福岡サニックスも展開を止めずに追いすがる。36-45
 しかし、37分に福岡サニックスのスクラムコラプシングから得たPKからラインアウトモール、そして試合終了のホーンが鳴った後にWTB窪田がトライし、NECが突き放してノーサイド。36-55
 福岡サニックスは7点差以内のボーナスポイントにも届きそうだったが最後は力尽きた形になった。

 試合前は、一方的な展開になることを予想したファンもいたかもしれないが、お互いの強みを出し合った面白いラグビーを見ることができた。
 観客の反応も明らかに変化し、ノーサイド後には両チームに惜しみない拍手が送られた。
 NECはワイルドカード、福岡サニックスは入替戦というそれぞれ違った次の戦いがあるが、ラグビーファンにとってはもう一度見たい、と思うラグビーであっただろう。


 

福岡サニックスブルース NECグリーンロケッツ
前半 後半   前半 後半
3 3 T 4 5
2 1 G 3 2
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
19 17 26 29
36 合計 55
反則
3 4 PK 5 5
1 1 FK 0 0
9 合計 10

 


詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

福岡サニックス

●福岡サニックスブルース
〔監督〕藤井雄一郎
 先制していい流れだったが、簡単なミスでこのような結果になってしまった。最終戦で少しでも順位を上げようと全員でしっかりアタックできたので、入替え戦に向けてはいい材料が見つかったと思う。
 ケガ人が出て厳しいシーズンだったが、入替え戦もしっかり戦って、来季にこの鬱憤をはらせるようにしっかり準備したいと思う。

〔ゲームキャプテン〕濱里周作
 今日の試合では、気持ちを落とさないよう、次の入れ替え戦に繋げられる試合をしようと準備してきた。若い選手も多くいたがミスを恐れず体を張れていたのでNEC相手にいい試合ができた。
 いつものシーズンであれば自動降格の順位であるが、入れ替え戦のチャンスをもらったので、それを活かし来年もトップリーグで戦えるよう頑張っていきたい。 

  「今シーズンを振り返り、最もうまくいかなかった部分は?」
 藤井: 昨シーズンは、ケガ人がでてもカバーできていたが、今季は同じポジションでケガ人が多くでてメンバー構成に苦労した。他にも色々な要因もあったと思うが、あと1節残っているので、それが終わってから全てお話したいと思う。
「『負けはしたが、いい材料が見つかった』とは具体的に何か?」
 藤井: アタックのシステムを見直し、うまく機能したこと。ディフェンスに関しては満足できるものではないが、アタックで6トライでき本来のうちのスタイルが出せたと思う。
相手のディフェンスを動かすことができた。
「今季の総括は?」
 藤井: アタックとディフェンスがうまく噛み合うようになってくれば、うちのスタイルにもっていけるようになると思う。今日は、若い選手も多く出場したのでフィジカルの強いNECと戦え、いい経験になった。
「入れ替え戦に向けてプラス材料は?」
 濱里: 今日の試合では、攻守の入れ替えのリアクションを早くしようと決めていた。またミスを恐れず積極的なプレーをし、ミスに対しては14人でカバーし次の試合に繋げようと決めていた。
これまでの試合では得点できなかったが、今日の試合し全員で前に出て6トライできたことが自信に繋がったと思う。
   

NEC

●NECグリーンロケッツ
〔ヘッドコーチ〕グレッグ・クーパー
 まずは、福岡サニックスの伝統的なプレーで、私たちに強いプレッシャーをかけられましたことに深く敬意を表したい。
 福岡サニックスのアタックに関し、分析どおりのワイドやオフロードのアタックを許してしまったことが残念な部分。我々としてはディフェンスの前に出るスピードやマークアップが正しくされていないなどというミスにより得点を重ねられてしまった。このディフェンス部分のミスは、いい経験として次回の試合には調整して臨みたいと思う。
 我々はアタック面ではいいストラクチャーを持っており、今後ディフェンス面もしっかりできていけるようにしていきたいと思う。

〔主将〕浅野良太
 今日の試合では9トライが取れ、ワイルドカードに臨めるいい流れができたと思う。前節ではいいディフェンスができたが、今回うまくいかなかった。これからは勝つことにフォーカスして、絶対にこのチームで日本選手権の決勝までいくという気持ちのもと、また戦っていきたい。

〔マン・オプ・ザ・マッチ〕森田洋介
 本日はマンオブザマッチをいただき、ありがとうございます。
 多くの得点に絡むことができアタック面に関しては満足いく試合でしたが、ディフェンス面ではタックルが甘く、チームとしても修正するところも多くあるので、次回からのワイルドカードに向けて修正していきたいと思う。

  「多く失点された原因は、相手のアタックが良かったのか、ディフェンスのミスなのか?」
 浅野: 1対1のところでオフロードで繋がれたり、ミスタックルによってボールが動いてしまったことが原因。
 クーパー: 我々のディフェンスが寄りぎみでタイトだったため、うまく上がることができず、横にスライドして広がってしまいマークアップできず、前で止めることができなかった。
「双方アタッキングラグビー同士の戦いであったが、勝因は?」
 浅野: 我々もアタックに関しては絶対の自信を持っており、相手のアタックより勝ったことが得点に現れたと思う。

写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真