ホーム>大学>第49回 全国大学選手権大会セカンドステージ第2戦〔12月16日〕/関西学院大学vs法政大学/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

第49回 全国大学選手権大会セカンドステージ第2戦〔12月16日〕/関西学院大学vs法政大学/試合レポート

平成24年12月16日(日) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●12:00キックオフ
  関西学院大学vs法政大学

 大学選手権セカンドステージ第2戦、Aプールの関西学院大学vs法政大学のゲームは、晴天のレベルファイブスタジアムで行われた。両チームとも初戦に敗れ、どちらが初勝利を挙げるか興味深い一戦となった。

 12:00吉浦レフリーの笛により、関西学院大学ボールのキックオフで試合が始まった。
 法政大学の反則により、敵陣深く攻め入った関西学院大学は2分にはインゴールにボールを持ち込むが、ヘルドインゴールでトライとはならず。その後も10分過ぎまで法政大学陣内で有利に攻め続けるものの、自らのハンドリングミスと法政大学の粘り強いディフェンスに遭い、得点する事ができず。
 16分法政大学が、自陣からキックにより相手陣22mライン付近まで攻め込むが、ラックでターンオーバーした関西学院大学が右サイドに展開し、バックスが法政大学のディフェンスラインを突破しCTB松延が中央にトライ。WTB畑中のゴールも成功し7-0と先制する。
 20分法政大学が、相手陣22mライン付近中央で得たPGをCTB川原田が決め3-7と点差を詰める。
 24分関西学院大学は、相手陣10mライン付近のスクラムから右に展開し、CTBが裏に抜け出しCTB松延が右中間にトライ。WTB畑中のゴールも成功し14-3と点差を広げる。
 31分関西学院大学は、自陣ゴール前5mのラインアウトのボールを確保し自陣から展開するが、ゴール正面5mの地点でオーバーザトップの反則を犯す。法政大学は素早く仕掛け、左中間にNO8堀がトライ。22番岡本のゴールも成功し10-14とする。
 更に前半終了間際の39分には、法政大学が相手陣22m付近のマイボールスクラムから展開し、2度相手にボールを渡すものの、相手陣10m付近でターンオーバーしたボールを左に展開、FB森谷がディフェンスラインの裏に抜け出し、WTB門間にパスが渡り中央にトライ。ゴール(岡本)が決まり17-14と逆転し前半を終了する。

 期待通りの接戦となった。関西学院大学は前半の30分間をほぼ相手陣で戦い、バックスの力強い攻撃で2トライを挙げリードした。しかし30分過ぎから攻めに意思統一を欠き、自らの反則やターンオーバーから失点した。一方の法政大学は自陣で相手の攻撃を耐える時間帯が長かったが、相手のミスに乗じ数少ないチャンスに得点するなど、試合巧者振りが目立つ前半となった。双方に反則、ターンオーバーを許す状況が多く見られ、どちらが攻撃のリズムを掴み相手を崩して得点するかに、勝敗の行方がかかる試合展開となった。

 法政大学のキックオフで後半が開始された。1分に法政大学がPGを決め20-14とリードを広げる。
 関西学院大学は4分に相手のキックを自陣でキャッチすると、そこから相手陣内に攻め込み、22mライン付近のラックから右サイドに展開しバックスが巧みにパスを繋ぎ、FB中野がインゴール右隅にトライ。GKは不成功に終わるが19-20と1点差に迫る。
 更に7分関西学院大学はフェアーキャッチのボールをクイックリスタートから左に展開し、体格に優れスピード豊かなBK陣が、法政大学のディフェンスラインを突破し、WTB金が左隅にトライ。24-20と逆転する。
 関西学院大学がペースを掴むかと思われたが、12分法政大学は相手側の反則で敵陣深く攻め入り、ゴール前5mで得たPKを素早く仕掛け、ラックから左サイドに展開しFB森谷がインゴール左隅にトライをあげる。難しい位置のGKを岡本が決め、27-24と再度逆転する。
 その後双方相手ゴール前に迫るものの、詰めが甘く得点できず。32分関西学院大学は、自陣ゴール前5mの位置でマイボールのスクラムとなる。キックによる地域挽回を図ると思われたが、インゴールからオープンサイドに蹴ったボールは相手BKの裏へのショートパントとなり、このボールをキャッチした法政大学が右サイドに展開し、FB森谷がインゴール右隅にトライする。GK(岡本)も成功し34-24とする。
 ノーサイド直前、関西学院大学は相手陣に攻め込み、相手側ラインアウトのボールをキャッチ、ゴール前のラックから左に展開しフッカー浅井が左中間にトライし29-34としたが、無情のホーンが鳴り、法政大学が5点差で勝利を収めた。

 法政大学が接戦を制した。地域的には不利な状況が多かったが、相手側の反則やミスに乗じて効果的に得点した。一方関西学院大学は、当たり強くスピード豊かなバックスが相手側のディフェンスラインを突破し得点したが、失点に反則や自らのミスが絡む状況が多く、そこを法政大学に付け込まれた感が強い。
 この日同プールの筑波大学が勝利を収め、両大学のファイナルステージ進出の可能性は消えたが、最終戦で関東大学対抗戦グループの強豪と対戦する両大学の健闘を期待したい。


 

関西学院大学 法政大学
前半 後半   前半 後半
2 3 T 2 2
2 0 G 2 2
0 0 PG 1 1
0 0 DG 0 0
14 15 17 17
29 合計 34 
反則
6 6 PK 5 6
1 0 FK 0 0
13 合計 11

 


詳しくは日本ラグビー協会公式サイトへ

記者会見

関西学院大学

●関西学院大学
〔監督〕萩井好次

 選手は80分間よく戦ってくれたと思う。ミスが多かったのが残念だ。
 後半ゲームコントロールが出来なかったのは我々指導陣だ。責任を感じている。

〔主将〕藤原慎介
 今日勝たなければ次に上がれない試合だったが、ミスを連発してしまった。
 先週の負けをそのまま引きずっていたようで残念な結果である。

  「先週の慶應戦からの修正点は?」
  萩井: 勝ち点ポイントとしては非常に厳しい状況にあった。この一週間、モチベーションを高めて練習してきたが、今日の試合では、ハンドリングエラー、アタックでのミスが出てしまった。
「ミスが多かったのは、メンタル面での影響があったのでは?」
 萩井: メンタル面というより、必要以上にリスクの高いプレーを選んでしまったからではないかと思う。関東の大学というプレッシャーも感じていたのかもしれない。
「残り1試合に臨む意気込みを」
  萩井: 来週の試合が今季最後となる。この一年間チームを作り上げてきたイメージをブラさずに筑波大学にぶつけたい。関西学院大学として、ラグビー界に存在する意義を示して締めくくりたい。

 

法政大学

●法政大学
〔監督〕小野木修

 前節で筑波大学に大敗してしまった。今年のチームは、部内の競争力を高めるために、大学選手権出場選手選考をぎりぎりまで引き伸ばした。今日は関西学院大学の厳しいディフェンスにあったが、セレクトされた選手たちの頑張りで勝利する事が出来た。

〔主将〕武者大輔
 今日の試合はミスの連発で、自分たちのラグビーが出来てなかった。しかし、勝利した事は次につながるので、そうしたモチベーションで慶應義塾大学戦に臨みたい。

  「選手選考で迷ったという事か?」
  小野木: 最終的に出場したメンバーは、武者主将以下全員よくまとまっているので、チーム状態は非常にいい。

 


写真 写真 写真
写真 写真 写真