ホーム>大学>第49回 全国大学選手権大会セカンドステージ第3戦〔12月23日〕/拓殖大学vs福岡工業大学/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

第49回 全国大学選手権大会セカンドステージ第3戦〔12月23日〕/拓殖大学vs福岡工業大学/試合レポート

福岡工業大学、先制空し
全てに上回る拓殖大学に力負け!

平成24年12月23日(日) 天候:くもり時々雨 レベルファイブスタジアム【福岡】

●14:00キックオフ
  拓殖大学vs福岡工業大学

 12月23日(日)、レベルファイブスタジアムでの第2試合は、拓殖大学vs福岡工業大学。
 ファーストステージを勝ち抜いてきた福岡工業大学は、先日の帝京大戦で大敗を喫している。どのように立て直してくるのか。対する拓殖大学も今大会未勝利。はたしてどちらが勝利するのか。

 幸先よく先制したのは福岡工業大学、キックパスを上手く拾いあげトライ、5-0とする。
 しかしここからは、自力に勝る拓殖大学が徐々にペースを掴む。そして11分モールを押し込みトライ5-7と逆転。
 さらに、14分から前半終了までに4本のトライを決め、5-29で前半終了。

 福岡工業大学はほとんど自陣での戦いとなっていたが、拓殖大学のミスにより、見た目ほどの点差はつかなかった。しかし、フィジカル、スキル、スピード等、全てにおいて拓殖大学が上手であった。

 後半に入っても拓殖大学は、攻撃の手をゆるめず次々に加点していく。福岡工業大学も時おり良い攻撃を見せるが、ミスで得点に至らない。
 そして、36分までに5トライ献上し5-62。最後に意地を見せ1トライを返したが12-62で試合終了。

 昨年のレポートにも書かせていただいたが、九州は高校ラグビーのレベルが高い。しかし、有望選手の殆どが中央へ流出する。九州のラグビーを発展させるにはこの課題にいかに取組むかにかかっていると改めて感じた。


 

拓殖大学 福岡工業大学
前半 後半   前半 後半
5 5 T 1 1
2 4 G 0 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
29 33 5 7
62 合計 12
反則
3 6 PK 6 6
1 1 FK 2 0
11 合計 14

 


詳しくは日本ラグビー協会公式サイトへ

 

記者会見

福岡工業大学

●福岡工業大学
〔監督〕宮浦成敏

 準備していたこと全てやり遂げたが、予想どおりの結果となってしまった。ブレイクダウンで相手にやられ、スピードにもついていけなかったことが大きな敗因。
 今年からの大学選手権の新方式で3試合戦い、改めて来年からのことを考えなければならないと思った。
 選手一人ひとりのスキル、フィジカルどれをとっても劣ることが明確になったので、また来年に向け一からやり直して強い基盤を作れるようにしたい。これが大会3試合を通じて私が感じたことである。

〔主将〕下川兼典
 ポイントがなかったので勝利を狙いにいった試合。2試合同様ブレイクダウンでボールキープできなかったことが一番の敗因。
 ディフェンスも甘くなり、失点した。この3試合を通じ、関東、関西とどれ位差があるかが分かったので、そこを修正していけたらいいと思う。

  「来季の強化はどのように考えるか?」
  宮浦: スキル、フィジカルともしっかり管理していかなければならない。チーム内で競争がない、フィジカル、全ての面で関東・関西に劣っている。メンタル面では、競争が少ないこともあるが、スタート時点から関東、関西の選手に比べ、筋力、スキル、フィジカルどれをとっても差がある。フィジカルの準備が出来ていないため、スキルも伸びない、メンタルの部分でも競争が少ないため劣っている。
九州リーグを戦った4大学が協力して、関東、関西への優秀な人材の流出を防ぎ、九州から全国大会に2チーム出場させるくらいの努力をしていかなければならなく、そうしなければ、今後も九州の大学の低迷は続くと思う。
九州には福岡サニックス、九州電力、コカ・コーラウエストといったチームがあるので、社会人と同等の基礎技術を身につけてやっていかなければいけない。

 

 

拓殖大学

●拓殖大学
〔監督〕遠藤隆夫

 今年度、1年間やってきた拓殖大学完成形に近づけようということ意思統一して臨んだ。次に繋がる試合にするようにした。
 ミスもあったが、そこから立て直すことが出来た。大学選手権で初勝利であり、今後拓殖大学の歴史の一歩となるような結果になったことには合格点を与えたいと思う。

〔主将〕清水昇
 今年は、体をはるチームでディフェンスで攻めていこうと思っていた。ミスもあったがセットプレーでカバーすることができた。課題も多かったが、後輩達がしっかり感じ取ってくれたと思うので、来年に期待したいと思う。

 

 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真